プロフィール

みつき

Author:みつき
英語が好きな30代の主婦。
家族は夫、息子、娘。
英検準1級取得後、在宅で翻訳の仕事を開始。
一応、1級合格を目指しています。
細く長く、英語に関わりたいと思う今日この頃です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

本年は、ター坊のお受験があります・・・。
お受験って、かな????りストレスが溜まります、親子ともども(笑)。

なので、毒をもって毒を制す、ではありませんが
私もちょっと英語の勉強をしたくなりました。

今年はTOEICや英検を受験する時間もないので、
来年、子供たちが入学&入園してから英検1級を受けようと思います。
今年は,その地固めができればいいなと思っています。
ずいぶん永いこと英検の勉強から遠ざかっていたので
教材も自宅から見つかりませんが(笑)。

実は、そんな風に英検に惹かれたのは
こういう事情も・・・・。

20日ほど前のことですが・・
私が5年ほど続けている在宅の仕事(雑誌を要約して文章を作る仕事です。
もちろん日本語(笑))の会社から
ちょっと、いつもとは違うメールが来ました。

それによると
「今回納品されたものは質が悪く、
これでは今後は作業量を支払えません。」

わ???。
これって、実質、解雇?!?
ひえ????。
そ、そうだよねえ。今回は私も風邪をこじらした上に
子供たちの行事も重なり、ちゃんと作業時間が十分に取れなかったから・・。
大いに反省。。。。
会社に多大なご迷惑をおかけし申し訳ございません・・・

私としても実は短期のお休みが欲しかったこと、
作業件数を減らしての継続を希望していたこと、
と、言い訳がましいメールを送ったところ

「A社(関係会社)からの発注に波があるため、
恐縮ですが今後なおみんさんに作業の依頼ができるかは
保証できません」

と。

おおお????。

さっぱり、ざっくり、在宅斬り?されちゃいました。

旦那さんにこの話をすると
「今のご時世、仕方ないかもね。
なおみんを必要とする仕事はほかにももっといろいろあるよ」
と励まされました。

妊娠出産をはさんでも一生懸命続けた5年の日々を
考えると、切ない気持ちもありますが、
いい加減な仕事をしてしまった私の責任です。
幼児二人を抱えて余裕がまったくなかったことは事実!
しっかり反省して、今後の在宅ワークに生かしていかねば、と思った次第です。

年末年始、ぼんやりといろいろなことを考えました。
これから子供たちも小学校に入り、英語というものに出会います。
そのときに少しでも「楽しい、好き、できる!」と思えるお手伝いを
するのが母親としての役割かも・・と思いました。
英検1級を取っていれば、多少は英語を教えるのがうまくなるかも、とも思います。
(文法はともかく、発音は自信ありませんが(笑))

いまは突然の失恋(解雇)で頭がぼ?っとしていますが
落ち着いたら、英検の勉強も始めていきたいです。

新年早々、長文と暗いご報告で恐縮でございます。
読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

<< 小さなお知らせ | ホーム | 七五三 >>

コメント

Happy New Year!

今年はター坊くんのお受験ですか。忙しい1年になると思いますが、ター坊君と力を合わせ勝ちとって下さい。

お仕事では残念なこともあったようですが、なおみんさんなら今回の出来事もきっと、次へのステップアップのきっかけにできると思います。英検1級への準備も始めるとの事ですし、益々のご活躍が期待できる年になりそうですね。

今年もよろしくお願いします♪

☆あいさんへ
あたたかいお言葉をありがとうございます。
私の責任なので、本当に反省することばかりです。
仕事と家事育児の両立はとっても大変ですね・・
今年もどうぞよろしくお願いいたします

心機一転!

子育てをしながら仕事を続けていくといろいろなことに出会いますよね。今回のことは、残念なことではあったけど、なおみんさんが今後のことを改めて考えたり、進む道を考える上である意味、そういう時期だということを示唆されたのかもしれませんね。

英検1級、私もいずれ必ず!と思っています。なおみさんとはあきらかにレベルが違う私ですが、同じ(近い未来の)英検チャレンジャーになれること嬉しく思います。今年もよろしくお願いします。

ぴあのさまへ

☆あたたかいコメントありがとうございます!
本当にそうですよね。。。
育児ってそのときそのときで状況がまったく違いますし。
長男だけを育てていたときは
なんと自分の時間がたくさんあったことか、と思い知らされました。
ぴあのさんがおっしゃる通り、今回の件がワークバランスをきちんと考えるきっかけとなりました。
どうぞ今後もいろいろとお教えくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。