プロフィール

みつき

Author:みつき
英語が好きな30代の主婦。
家族は夫、息子、娘。
英検準1級取得後、在宅で翻訳の仕事を開始。
一応、1級合格を目指しています。
細く長く、英語に関わりたいと思う今日この頃です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはずかしながら、育児を始めて、
初めてわが子を耳鼻科デビューさせました☆

今頃、って感じですよね・・・
4歳まで病気らしい病気と無縁だったター坊なので
小児科ですべて解決していたのです。

ところが、最近、
夜中に咳き込む、鼻水は1カ月でっぱなし、
これはもうどうにかしなくては・・・と
耳鼻科受診を決意。

耳鼻科って、処置をするから子どもにとっては悪夢の場所だろうなと
いう勝手なイメージがあり、敬遠していました。
しかし、近所にある出来たばかりの耳鼻科は
ホテルライクな建物で、優雅で落ち着いた雰囲気でした。
絵本もたくさんあり、ター坊もミーもご機嫌は良好。

これが、あと数分後には阿鼻叫喚の世界かぁ??と
一人暗い気分で待っていると
「ター坊くん、ミーちゃんどうぞ?」と呼ばれました。

「では最初にミーちゃんを診ましょう」と先生。

まぁ、鼻水も止まりかけてるしミーは大したことないだろうと
思っていたら、な、なんと

滲出性中耳炎、とのこと。

ギャハー・・診察受けて本当によかった。。。

一方、咳と鼻水がひどいター坊のほうは
ふつうの薬ですぐよくなるでしょう、という感じで。

ミーの鼻水がそれほどひどいものとは思っていなかったので
素人判断は禁物!とよくわかりました。

ついでにター坊は耳垢をとっていただきましたが、その量、
た??っぷりすぎ!!!

スッキリしたよ?とご機嫌なター坊。
なにはともあれよかったね(笑)。
スポンサーサイト

<< 初めての発表会 | ホーム | こんなことが、難しかったかなぁ。 >>

コメント

お疲れ様でした!

お子様二人を連れての耳鼻科デビュー、お疲れ様でした~
子供が病気になったら、まず小児科…のイメージがありますが、確かに耳鼻科や眼科などの専門分野は『餅は餅屋』ですものね。勉強になりました!

お大事に

うちの長男は4歳の時に初めて滲出性中耳炎と言われました。その時の耳鼻科の先生に「普通は1歳半くらいまでに気付くけれど、小児科しか行かないと、小児科の先生は耳を見ないから中耳炎を繰り返しても気付かない。お宅のお子さんも、もう何度も繰り返してたはずですよ」と言われ、それ以来鼻水が出たらすぐに耳鼻科に行くようにしたら、滲出性中耳炎になる事はなくなりました。体質でなりやすいらしく、ほとんどの子は10歳位までには罹らない体質に変わるそうですよ。

ター坊君は、おみみがすっきりして良かったですね。耳鼻科の耳掃除、かなりスッキリするらしいですね。私も今度やってもらおうかな。

☆コメントありがとうございます

☆あいさんへ
なんと、あいさんの息子さんも同じ病気に罹られたのですね。。
もう現在は大丈夫でしょうか?
ネットで調べると、長期療養が必要と書いてあり、
結構ショックを受けている私です。v-12
でも、うちの旦那さんも子どもの頃中耳炎やっちゃったよ~とか
言っているのでよくある病気なのでしょうけれど。
それでも心配になっちゃいます。
10歳になれば大丈夫なのですね。
小児科だけ行っていればいいかなと思っていたのですが
それではだめだったとは・・本当に育児って大変です・・
あいさんのコメント、参考になりました。
いつもありがとうございますm(_)m

☆ねぎっちょさん
参考になればうれしいです。
私も謙虚にいろいろと勉強していきたいと思いました。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。